FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今叫び散らしたい


ついにやった。
やっちまった。
あげこは今、あげこの周囲5メートルくらいの人達みんなに話しかけたい気分です。

いや、むしろ叫び散らしたい。





きいろいゾウのハードカバー買った。





で?何を叫びたいかって?

何を言いたいかって?





「文庫本も持ってるんですー!一回読んだくせに、ハードカバーのまで買っちゃったんですょー、にゃはははー!」





だょ。

ちょ、待って!みなまで言うな。

わかってる。わかってますよ?

ブログを更新したかと思ったらそんなことかいって思っておられるのだろう?

しかも叫びたいってって。





いや、ね、違うんすよ。

あたし人混み苦手なんす。目まわっちゃうの。泣きたくなっちゃうの。

そんな中、新宿紀伊國屋。街は時は夕刻間近。

目、まわっちゃってる中、どうしても買いたかったの。今、どーしても、きいろいゾウをあげこは欲していたの。

読めばバラ色になるんだもの。

そして明日は友達の結婚式。2時間電車に揺られるわけ。

絶対ホンガヒツヨウだ!

そして、きいろいゾウがヒツヨウだ!

式を挙げる友達。
きいろいゾウで幸せテンションあげあげのあたし。

誰の結婚式だよってくらい、幸せ満喫しちゃるぜ。




本屋のカラフルにやられながら、あほぅだから、どこにむかっていいかわからなくなりながら、半ベソかいてやっときいろいゾウがあるコーナーを見つけた時、まだ購入前なのに抱きしめたよね、本を、本屋で。

見つかった!とゆう喜びがいつもの何倍もあげこに降り注いだわけですよ。

紀伊國屋の社長さん、アナタがビジネスのみの為に本屋をやっているのではなく、本当に本が好きでやっていらっしゃるならば、あげこの本屋で本を抱きしめ半ベソかいてる姿を見たら、涙もホロリとこぼしてしまうだろう?

なぁ、そうだろう??





そんなわけで、達成感と至福感により、レジに並ぶ、本好きの同志達および、店員さんに、上文で述べたセリフをいいちらかしたかったわけ。

あげこワールドの中では言い散らかしたけどね。

そしたら

前に並んでいた山田さん(40歳、会社員)「おめでとう。」←落ち着いた物言いで

後ろに並んでいた佐藤さん(35歳、OL)「私も西加奈子先生の大ファンなんですよ!」←やや興奮気味で頬を赤らめて

近くで絵本をねだっていた少年タカシくん(5歳、幼稚園児)「おねぇちゃんよかったね」もじもじしながらママの後ろに隠れてしまった。

タカシくんのママ、弘子さん(32歳、主婦)「私も、子供を寝せてから毎晩読書してるんです、ふふ」口に手をあてお上品な面持ちで。

レジのお兄さん「カバー、3枚、いや5枚くらい重ねてつけましょう。汚したくないですよね。」

その隣のレジのおぢさま「いやいや、手あかの分だけ愛着がわくんですよ、はっはっは」

※あくまであげこワールドのため、フィクションです。





西加奈子さま、こんな素敵な本を書けるあなた様は、きっと、きっと素敵な女性なのですね。
こんな素敵な本を世に出してくださってありがとう!






本は相性があります。

人に相性があるのと一緒でござる。

書いているのが人間だからあたり前か。

だから、みんながみんな好きとか言うわけない。

だがしかし、あげこはきいろいゾウのお話、西加奈子さんの文章の書き方が大好きなのです。

みなさまも、この暑い季節、扇風機にあたりながら、ごろりと寝転びまして、そうね、寝転んだ頭らへんに、ちょいと贅沢にこゆく作ったキンキンのカルピスを置いたらいいよ、で、よみふけってみていただきたい。

大丈夫。夢中になってカルピス飲むのも忘れて、気付いた頃にはカルピスちょうどいい加減になってるはずだから笑





あぁ、まだまだ出会っていないだけで、あげこの心にぎゅんぎゅんくる物語、書き方の本が世の中にはいっぱーいあるはずだ。

もっと、もっと本が読みたい。

でもまずはきいろいゾウをゆっくり読み直しましょうか。




長文にお付き合い、ありがとうございました。

あいたかった

会いたかったー
会いたかったー
会いたかったー イエス?
会いたかったー
会いたかったー
会いたかったー

君にー♪





むぅ。頭から離れない。
AKB…

やるな、秋元康。



むぅ。。。

ポーニーテールー♪





どちらもサビしかわかりんせん。

しかしぁげこの頭から離れません。




ポップは勝つ。








と、いいますか、久しぶりにテレビつけましたら、クロマニヨンズがペプシのCMに!

断然コカコーラ社押しのアテクシですが、CMは、CMは…………




ぬぅ。ペプシネックスおそるべし。

クロマニヨンズ、かっこよすぎるやろ、反則やろ。

わーわーきゃーきゃー!







そんなぁげこは髪を切ったのだよ。

お披露目する前にエクステつけてしまうかもだけど。

なぜならあきたからであーる。

しかしもう少しだけ、ボブでいよーとも思う。







て。

アテクシ、25日にお誕生日をむかえました。てへ。

そろそろ喜びにくい年齢になってきたぜ。

HAPPY BIRTHDAYあげこちゃん♪

キラキラだお


ネイルしてきたょー。

キラキラやで。
夏くさぃでしょ?




劇場次決まらないかな。

早く踊りたいな。

ぷー。




ナツイネ



あちちちー!

夏だね。完璧夏。夏以外のなにものでもないね。

日焼け止めがっちり!
日陰探して、だけど光合成(笑 もしたい。

夏だーーー!

浴衣着てお出かけしたいでやんす。




えー、またまた本をご購入。

ぁげこさん、ナツイあつを…ぷっ

暑い夏を涼しい部屋にてまたまたひきこもりーのです笑

読書。

本は心の栄養、そして脳みその栄養、ぁげこの素。






西加奈子しぇんしぇーの最新作をご購入。(えぇ、もちろんみなさまからいただいた図書カードで♪)

短篇集ナリ!

そんでもって、宮木あや子しぇんしぇー原作の花宵道中コミック。

原作を読んで、内容を知ってるからね、もう、読みながら先を思い出して大泣き。

宮木あや子しぇんしぇーを憎んでしまうくらい笑

幸せな結末にしてあげてよーってマジ泣き。

8月中旬に3巻が出るらしいから、泣くとわかっていても買わないわけにはいきんせん笑

そして西加奈子しぇんしぇーの黄色いゾウって作品が、いっちばん好きなんけど、文庫本しか持ってなくて、しかも人に貸しているとゆー。

ハードカバーのを買おうか悩み中。

読みたい。

ツマさんとムコさんになりたい。

あぁ。





とりあえず、新作の世界にどっぷり浸かってきます。

ぁげこが読めば、ぁげこはその世界の主人公になれるのだ。

それが、好きだ。




物語の夕日が、部屋が、友達が、がっつり想像できる。気持ちいい。

ぁげこはぁげこだけど、本を読めば、何歳にでもなれるし、極端に言えば魔法使いにだってなれるし、大好きなにゃんこにだってなれるのな。

本って、素敵すぐる。




いざ、西加奈子の世界へ。
行ってきまーす。

スゲー

暑い。今日も暑い。

目覚めに、暑さでうーうー言いながら部屋を徘徊。

あるなんて、これっぽっちも思ってなかったんだけど、

「間違ってアイスなんて入ってないかね」

と、無期待で冷凍庫の扉を開ける。

冷凍庫なんて、しばらく開けてません。

いつ開けたかなんて、記憶の片隅にも残ってません。





あった。






いつのかわかんないけど、ほんっと記憶ないんだけど、

ガリガリ君白桃味。

完全にぁげこのチョイス。って自分ちなんだからぁげこのに決まってるんすけど。





いつぞやの自分、褒めてつかわそうぞ。

ふふ。

コロコロ

コロコロコミック知ってますか?

甥っ子がね、好きなんですよ。

どれくらい好きかって、

国語の宿題の作文的なやつのお題が「大切な宝物」ってゆうので、その大切な宝物がコロコロコミック5月15日のやつって書くくらい、好きらしい。

大切な理由が「ページ数がおおいから」と書いてましたけど。

宿題手伝いながら、それ見つけて、本気で笑って、甥っ子に怒られました笑





そんな甥っ子とイオンスーパーセンターなるとこに行ってきたの。

で、ぁたしは帰りの新幹線で読む小説を探してて、東野圭吾の「ぼくの死んだ家」とゆう、なんだかミステリアスな本をチョイスしたのです。

甥っ子の姿が見当たらナイ。

見回したら、ハケーンしました。
マンガコーナーに。

おばちゃん、作文のせいで15日発売なの知ってるから、まだないでしょうよと近づいたのね。

したら、持ってるの。

コロコロコミック。

え?発売早くね?って思ったら、「別冊」なるものが発売してました。

しかし、普通のよりちょっと薄いの。てかあきらか薄いの。

だから聞いちゃったよね。

「ページ数少ないけどいいんですか?」と。

したら即答で

「いいんです。」とお返事か。

カビラさんかいとつっこんでみましたところ、甥っ子の頭の上に本来見えないはずのハテナマークがぽんぽん浮かんできたんで、

「ハハ(甥っ子は姉のことをママではなくハハと呼ぶ)に怒られない?」と、聞いたら、

「いいんです。」てんで、図書カードで一緒に購入させていただきました。




次の作文で、大切なものが「おばちゃんが買ってくれた別冊コロコロコミック」とぜひ書いてほしい…ような、ないような。

でもまてよ?ページ数が多いからと愛されてるコロコロコミック。

あきらか薄い「別冊」は、大切にする理由がないんでないか?



がーーーーん。




チクショウ。チクショウ。

それに気付いたから、ぁげこ意地悪して、ご飯食べない人は読んじゃダメーとか、お風呂入らないと読んじゃダメーとか、歯磨きしないと…とか、大人の特権でしばらく触らせず、すごく価値のあるものへと甥っ子の頭の中でシフトさせようと頑張りました。

結果?





ふふふ。

抱きしめて寝ておる。

ぁげこの勝ちじゃね?




え?大人気ないって?仕方ないじゃん。ぁげこだょ?







田舎の夜は星が綺麗です。



おやすみなさい。

お久しぶりです

えー、みなさまお久しぶりです。

川崎降板してしまって、説明もせずに、ここまでたってしまいました。

川崎は、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

ダメだね、プロ意識なさすぎだね。

なぜかなぜかの不眠症気味と暑さで完全にノックアウトののち、降板してしまった事で自分で自分を追い詰めて。

ひきこもりーのが本当にひきこもりーのになっちゃいました。

弱すぎる。めんどくさすぎるぞあたし。

そのうち、いつ、どのタイミングで、何をどう説明したらいいのかわからなくなりました。

ブログでしかみんなと繋がれない今、だからこそ、どう、更新したらいいのか、わかんなくなった。

体調崩して、その時すぐにごめんなさい、大丈夫ですって、更新できたら1番よかったんだよね?







ごめんなさい。






今日は父の百箇日でした。
父の百箇日が終わったら、報告かねて、きちんと更新しようって決めてて。

でも、今、いざ書いてると、ちとこわいお。

一つの事、携帯でぽちぽちする度に、大丈夫かなってなる。

もっときちんと、みんなが納得するように、みんなが安心するように書くには、どうしたらいいんだろうって、怖くなる。

もっと素直に、簡潔に、ビシっとみんなの心に伝えられたら。。。





ブログの機械的な文字で、はたして伝えられるだろうか。






みんな、ごめんなさい。心配かけて。ぁげこはもう大丈夫です。

ただ、迷惑や、心配をかけたくないから、自分の身体とキチンと向き合います。
無理しない、大丈夫っていう身体作りします。

ちゃんと初日を迎えて、ちゃんと無事に楽日を迎えて。

ペースダウンすることになると思います。

だけど、辞めません。

大好きな場所、壊したくないから、ゆっくり、じっくり頑張ります。

だからどうか、これからも、こんなぁげこですが、

よろしくお願いします。




では、またね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。